2012年05月06日

緊急災害時動物救援本部交付金使途及び活動報告

2011年9月末日に緊急災害時動物救援本部より交付されました被災犬保護活動資金支援金の使途報告および活動報告をいたします。
この書類は、緊急災害時動物救援本部に提出した内容とほぼ同じものです。
(個人情報保護に留意して一部削除の上、公開しております)

交付義援金による活動報告及び収支報告.pdf

報告書様式2_20120410.pdf

被災シェルティ、コリーのレスキューにつきましては、大変多くの動物病院様よりご好意を頂きました。
シェルティたちが預かりボランティアさん宅へ移動した後も、被災犬という話を聞いて無償または格安の治療をして下さった動物病院様もありました。
たくさんの皆様のご協力、本当にありがとうございました。


【ご協力いただいた動物病院さま・五十音順・敬称略】

ヴィータ動物病院(神奈川) 王禅寺ペットクリニック(神奈川)
おおにし動物病院(東京)
 小川犬猫病院(神奈川)
おだ動物病院(神奈川)  クローバー動物病院(東京)
狭山ヶ丘動物病院(埼玉) しんせつ動物病院(埼玉)
杉森動物病院(千葉)   都岡動物病院(神奈川)
トムズ動物病院(神奈川) ドルフィンアニマルホスピタル(埼玉) 
のづた動物病院(東京)  馬場総合動物病院(神奈川)  
袋原どうぶつクリニック(宮城) みなとよこはま動物病院(神奈川)


【被災シェルティの中で特に手術を要したもの】

*会陰ヘルニア手術
*尿結石手術
*直腸ヘルニア手術及びポリープ切除
*子宮蓄膿症
*腫瘍切除、同時に齲蝕歯の抜歯

●全頭にワクチン接種、フィラリア予防薬投与済
●同一飼い主の21頭に鉤虫・鞭虫、子犬6頭に回虫あり駆除済
●同一飼い主の21頭中18頭に膿皮症あり、継続治療
●避妊去勢は飼い主希望により拒絶されており、
上記手術を受けた個体以外は処置をしていません。




posted by シェルレス at 10:28| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。